日暮里 三河島の整骨院 とべ整骨院

‘テニス肘’ カテゴリーのアーカイブ

テニス肘とは


テニス肘(てにすひじ)は、テニスやバドミントン・卓球などのラケットを
使用するスポーツをする人にみられる上腕骨外側上顆炎または上腕骨内側上顆炎のことを指します。
上腕骨外側上顆炎はバックハンドストロークで発生するため、バックハンドテニス肘と言います。
これに対し、上腕骨内側上顆炎はフォアハンドストロークで発生するのでフォアハンドテニス肘と言います。
いずれも使いすぎ障害で、初心者や筋力の弱い中年の女性(40-50歳)に多いのが状況です。

(カテゴリー:テニス肘

テニス肘の症状

バックハンド・テニス肘では肘の外側の隆起に、フォアハンド・テニス肘では肘の内側に痛みがおこります。
ドアのノブを回したり、握手をしたりすると、痛みが強くなります。
手関節を背屈(はいくつ)(手のひらを下に向け、上にそらせる)させると、肘の外側の隆起に痛みがおこります。
これがテニス肘の特徴です。
押すと痛む部位が、肘に存在することもあります。

(カテゴリー:テニス肘

テニス肘の治療について

消炎作用のある電気治療を施したり、


安静が必要な場合には肘にテーピングを行います。


痛みがとれたら肘のストレッチを開始します。

テニス肘は治りやすく、治療に手術が必要になるようなことはめったにありません。

(カテゴリー:テニス肘

テニス肘の予防

テニス肘は、40歳以上の人におこりやすいものです。
40歳以上の方は、次のような予防策を講じましょう。

●フォームの正しくない人は、正しいフォームを会得しましょう。
●肘や前腕にサポーターやマルチプロテクターを使用しましょう。
●ガットのテンションをややゆるめにすると肘への負担が減ります。
●柄の太い、軽めのラケットを使用すると良いでしょう。
●弾みの悪い古いボールは使わないようにしましょう。
●テニス後、入浴後にアイシング(冷却)かアイスマッサージを行なう事をお勧めします。

(カテゴリー:テニス肘

院概要


■住所
東京都荒川区東日暮里6-15-1 志目ビル101号室
TEL. 03-6806-7135

大きな地図で見る

(カテゴリー:ゴルフ肘
住所
東京都荒川区東日暮里
6-15-1志目ビル101号室
TEL
03-6806-7135
診療時間
[月・火・木・金・土]
10:00~14:00/17:00~21:00
休診日:水・日・祝
こんな症状の方へ
スポーツ外傷
骨折・脱臼・捻挫・打撲
肉離れ
骨折後のリハビリ
五十肩・肩こり・腰痛
坐骨神経痛
膝関節痛
当院はこのような症状で
お悩みの方におすすめの
整骨院です。
モバイルサイト